【ads.txt】Xserver(エックスサーバー)【設置方法】

初心者向け

Google AdSenseの審査を通過し、

やったぜー!

と雄叫びを上げていた私の前に、次なる刺客が現れました。ええ、それはもうGoogle AdSenseの設定を行っていた時のことですよ。

ads.txtをダウンロードしてサイトに設置して下さい

ads.txt? 設置? なんのこっちゃ。
そんなこと、Google AdSenseの取得を目指すための方法解説ブログや動画には書いてなかったぞ。

そこから私が悪戦苦闘しながら「ads.txt」の設置を行ったやり方を解説したいと思います。

え? FTPソフトがいるんじゃないの?

いらないんです! FTPソフトがなくてもいいんです! FTPソフトを導入する前に、ぜひ最後まで見ていって下さいね。

まず始めに、

この方法は「エックスサーバー」をご利用している方向けです。
他のレンタルサーバーをご利用の方は、各レンタルサーバーに設置の仕方が書いてあるので、そちらをご覧下さい。

私が解説する方法はこちらに詳しく記載されてますので、合わせてご覧下さい。

これはもう、エックスサーバーのサイトを見た方がいいのでは?

それは言わないお約束

サーバーパネルにログイン

まずはエックスサーバーに行って、サーバーパネルにログインします。エックスサーバーにはこちらからどうぞ

エックスサーバーのログインサイトからでも、サーバーパネルに行くことができます。

右上のログインを押すと、何をするためにログインするのかの情報が出てきますので、そこでサーバーパネルを選択して下さい。あとはIDとパスワードを入れてログインすればOKです。

ads.txtの追加方法

ここからの作業を行う前に、「Google AdSense」にログインして、「ads.txt」のダウンロードをあらかじめ行っておいて下さい。その方がスムーズに作業することができると思います。

テキストファイルなので、クリック、もしくは、ダブルクリックをすることで内容を見ることができます。

サーバーパネルにログインすると、このような画面になります。

その中のads.txt設定という項目をクリックします。

この画面が表示されたら、

  1. 「ads.txt設定追加」をクリック
  2. 広告システムの枠に「google.com」と入力
  3. サイト運営者IDにダウンロードしたads.txtに表記してある番号を入力(コピペ)する。このとき、「pub-」から16桁の数字をいれる。
  4. 契約種別はブログを管理している本人なら、上の「DIRECT」を選択する。(テキストの中にもDIRECTの文字があると思います)
  5. 認証機関IDは「f08c47fec0942fa0」を入力。こちらもテキストの中に書いてあるので、それをコピペする。
  6. 確認画面へ進む

確認画面が表示されるので、自分のサイトもしくはブログのURLの確認と、サイト運営者IDを確認すること。テキストをコピペしていれば、問題ないはず。

確認したら「追加する」をクリック。

追加完了画面が表示されたら、念のため、設定確認を行う。しつこいくらいにやっていた方が、後でトラブルにならなくて済むと思います。

時間が経つと、本当にすぐに忘れてしまいますからね……。

ads.txt設定の確認

①のads.txt設定一覧を選択。するとすぐ下に追加したものが表示されるので、それぞれの項目を確認する。

お疲れ様でした。これで設置は完了です!

おわりに

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

いかがだったでしょうか? 私は最初に検索したときに

FTPソフトを使ってこの場所にads.txtを置く

と書いてあるのを見つけて、恐怖しました。これ、初心者には難しいよね、そう思いました。

そんな私が悪戦苦闘しながらたどり着いた方法が皆様の役に立てば幸いです。

自分以外にも「同じように苦労した人がいたんだ」と思っていただければ幸いです。

みんな迷える子羊なのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました