心地良い気持ちで過ごそう ~コーヒー編~

アイテム

コーヒーを飲むことで心地良い気持ちになれるあなたへ

コーヒーを飲んでいる時間は心地良い気持ちになれる。

そんな人は多いと思います。私もそのうちの一人です。
ですが、コーヒーを飲むという一つの行為にしても、これだけの違った選択肢があります。

  • 家で飲むか、外で飲むか
  • インスタントコーヒーか、豆から挽くのか
  • どうやってコーヒーを淹れるか
  • 豆の種類は何にするか

などなど。

せっかくコーヒーを飲んで心地良い気持ちになるのなら、もっとこだわって、さらに極上の心地良い気持ちになってみませんか?

好きなことにもっとこだわろう。それがあなたをもっと心地良い気持ちにさせてくれること間違いないし!

どこでコーヒーを飲むか

みなさんどこでコーヒーを飲んでますか? 家の中のお気に入りの場所で飲む人もいるでしょう。また、家で作るのは面倒くさいから外で飲む、外で飲む方が美味しいから外でコーヒーを飲む、というかたも多いでしょう。

PCでの作業をするときに喫茶店を利用する人もたくさんいるよ。家で作業するよりも、邪魔な物がないからはかどるらしい。

外で飲む

今ではコンビニでも美味しいコーヒーが飲める時代になっています。
個人的にはセブンイレブンのコーヒーを飲んで、衝撃を受けました。
こんなに深い味わいのコーヒーが、こんなに安く、お手軽に飲める時代がきたのかと思いましたね。
コンビニコーヒーも選択肢としては大いに有りですが、他にも

  • スターバックスコーヒー
  • コメダ珈琲店
  • ドトールコーヒー
  • 個人経営の喫茶店

など、他にも様々なコーヒーを提供してくれる店があるので、せっかくなので、色んな味を試してみてはどうでしょうか?
お気に入りの味が見つかるかも知れません。

お店のコーヒーの美味しさはまた別格。きっとお店の雰囲気とか、流れてくる音楽とかの相乗効果だね!

家で飲む

家で飲む場合には、インスタントコーヒーやコーヒー豆だけではなく、コーヒーのいれかたにもこだわることができます。

インスタントコーヒー派? それとも豆派?

どこでもお湯を注ぐだけですぐに飲めるインスタントコーヒーにするか、じっくりと腰を据えて、コーヒー豆を挽くところから楽しむか。
楽しみ方は人それぞれです。どちらも試してみて、より心地良い気持ちになれるものを探してみて下さい。

インスタントコーヒー派

お湯を注ぐだけですぐに飲むことが出来るインスタントコーヒー。こちらを利用する人は多いと思います。
私は完全にインスタントコーヒー派です。
飲みたいときに、飲みたい量だけ飲める。ほんの一口から、カップ一杯、二杯まで。自由度が非常に高いのがインスタントコーヒーの魅力ですね

ですが、インスタントコーヒーには欠点があります。
すぐに香りと風味がなくなってしまうことです。
それを克服したのか、スティックタイプのインスタントコーヒーです。
少々割高ではありますが、いつも開けたての香りと味わいを楽しむことができます。

  • 手軽に飲める
  • 飲む量を調整しやすい
  • 値段がそれほど高くない
  • 時間が経つと香りがなくなる
  • 開封後、長期保存が難しい
  • 種類が少ない
豆派

コーヒー豆を買ってきて自宅で豆を挽く方も多いでしょう。
コーヒーミルを使ってガリガリとするのは、ちょっとした面白さがあると思います。
そのときの香りはまた格別。挽き立ての香りが楽しめるのは本当に贅沢ですよね。
あなたも試して見てはどうですが? 種類も豊富で、見た目もおしゃれなものがたくさんありますよ。

豆にもいろいろな種類があることをご存じですか?

お店で良く見かける、モカやブラジル、ブルーマウンテンなどのようなものばかりではなく、フレーバーコーヒーという種類の豆もあったりします。
フレーバーコーヒーとは、コーヒーにナッツやチョコレート、バニラといった香りをプラスしたコーヒーのことを指します。

以前薦められてマカダミアナッツコーヒーと言う名前のフレーバーコーヒーを飲んだことがあります。ナッツの香りがする、これまでのコーヒーとはまったく違った味わいのコーヒーでした。
ちなみに、私には合いませんでした……。どうやら私は普通のコーヒーが合っているみたいです

そのようなちょっと変わったコーヒー豆の購入を検討されている場合は、事前にお店で飲んでみることをおすすめします。
コーヒーショップでは店頭で豆を売っているところが多いので、飲んでみて美味しかったらそのまま購入することができますよ。

  • 豆の種類が豊富
  • お店と同じ味を楽しむことができる
  • コーヒーミルを回す喜び
  • 長く保存しても香りや風味が逃げにくい
  • 値段が高くなりやすい
  • 飲むまでに一手間かかる

コーヒーの淹れかたも色々あります

家でコーヒーを淹れる場合には色々な方法があります。ここではその中の特におすすめの方法を紹介したいと思います。
気になった物がありましたら、ぜひ試してみて下さいね。新しい発見が必ずあるはずです。

ペーパードリップ

フィルターに挽いた豆をセットして、あとは自分でお湯を上から注いでコーヒーを入れる方も多いでしょう。定番のハンドドリップですね。
お湯の注ぎ方にコツがいりますが、出来上がるまでの過程を楽しむことができます。
また、お湯を注ぐためのポットも色々な種類があり、いくらでもこだわることができます。

実家でこれと同じ物を使ってます。先端が細くなっていて、狙った場所にお湯を注ぎ込めるようになっています。
ペーパードリップだと、それなりの量を淹れようと思ったらかなり時間がかかります。このタイプだと、二人分ぐらいがちょうどいいですね。

コーヒーメーカー

豆をいれておけば、全てを全自動でやってくれるものから、挽いた豆をセットすればコーヒーが出来上がるものまで様々です。
機械にまかせるだけで美味しいコーヒーができあがるのでおすすめです。
人数が多いときなどはとても便利ですね。

豆を入れるだけで全てをやってくれる便利なやつ。待っているだけで美味しいコーヒーが出てくるのはありがたいですね。
人数が多くても安心して使えます。

サイフォンコーヒー

お店でよく見かけるタイプの物です。実は、家でも淹れることができます。
お店では火にかけるタイプもよく見かけると思いますが、安全面を考慮した電気式のタイプもあります。
火を使わないので、比較的安心して使うことができます。安全面からも、電気式がおすすめです。
出来上がるまでの過程が理科の実験をしているみたいでとても面白いですよね。もちろん、香りや風味も最高です。

直火式

あまり見たことはないかも知れませんが、ガスコンロを使う直火式タイプのコーヒーメーカーもあります。
このタイプはその名の通り、直接コンロの火にかけてコーヒーを抽出します。
底面の容器に水をいれてから火にかけ、しばらくすると、中央の筒の中を通って上のカップの方に抽出されたコーヒーが出てくる仕組みになっています。
五徳に合わない場合は金網を敷くことで安全に使うことができます。
こちらは出来上がるまで付きっきりになってしまいますが、コーヒーを抽出する過程を楽しむことができます。

おわりに

どうだったでしょうか? 一口にコーヒーを飲む、と言ってもこれだけの色んな手段があります。
豆からこだわったり、淹れ方をこだわったり。
探してみれば、今のやり方よりももっと心地良くなれる方法があると思います。
いろんな方法を試して、自分をもっともっと心地良い気持ちにすることを、どうか目指して下さいね。

何で心地良い気持ちを目指すのかはこちらの記事で紹介してます。よかったら見て下さいね。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました