【悩み】転職を考えた時に、まず最初にするべきこと【転職】

初心者向け

仕事を辞めたいな、別の仕事に就きたいな、少しでそう思った方にぜひやってもらいたいことがあります。それが

実際に転職活動をしてみること

本当に転職することは無くとも、試しに本気で転職するつもりで動いてみることを強くおすすめします。

そうすることで多くのことを学ぶことが出来ます。

追い詰められてからの転職はなかなか上手く行きません。なぜなら、気持ちに余裕が無いからです。

仕事を辞めた後で「しまった」という事態にならないように、今すぐに動き出してみませんか?

きっとこれまでとは違う見方が出来るようになっていることでしょう。

なぜ試しに動くのか

転職するつもりで仕事を探してみることによって、今働いている職場と別の職場を比較することが出来るようになります。

今すぐにそうやって動いてみることで、冷静な目で今の現状を見ることが出来ます。

しかし、これが追い詰められて

  • 今すぐにでも仕事を辞めたい
  • 別の仕事に就きたい

と思っていたらどうなるでしょうか? このように心の余裕が無く、本気で転職したいと思っている時は

隣の芝生が青く見えてしまいます

色眼鏡をかけた状態で他の企業を見てしまうのです。

そのように正確な判断を誤った状態で転職してしまうと

前の職場の方が良かった

という事態になりかねません。せっかく苦労して、より良い職場を求めて転職したのに、前の方が良かったことに気がつくなんて、笑うに笑えない話です。

もちろん、今の仕事よりも良い仕事や職場があるのは間違いありません。しかし同じように、今の仕事よりも悪い所もあることを忘れてはいけません。

今の職場がどのレベルなのかをしっかりと知っていた方が、転職後もきっと上手く行くと思います。

転職はアリ? それともナシ?

転職はアリだ、と言うのが私の意見です。

同じ会社で一生働き続ける時代は終わりました。よほど素晴らしい会社でなければ、あなたのことを大事にしてくれることはありません。

あなたはその会社の歯車の一つでしか無いのです。そしてその歯車の代わりはいくらでもいるのです。酷な言い方ですが、あなたの代わりはたくさんいます。

そしてあなたよりも良い歯車もたくさんいるのです。

ここで言いたいのは、あなたがダメだと言うことではありません。

自分がこの会社にいなければダメだ!

と重荷を背負うことをやめて欲しいと言うだけです。

責任感の強い、真面目な人ほどこの重荷を背負う傾向にあります。ですが一方で、会社側はまったくそんなことなど期待していないのです。

口ではそう言うでしょう。あなたが仕事を辞めれば上司の責任になりかねませんからね。

新人を一から育てるよりも、コストがかからないのは間違いないでしょう。あなたにかけたコストを回収するためにも、あなたのことなど考えずに「辞めるな」と無責任に言うことでしょう。

だからこそ、私は転職はアリだと思っています。むしろ、そんな所でくすぶり続けるよりも、自分がもっと輝ける場所を求めた方が遙かに良いと思います。

ただ強いだけ、大きいだけの会社はこれから厳しくなって行くことでしょう。

今は個人でもお金を稼ぐことが出来る時代になっています。

会社に所属しなくても、最悪一人でもお金は稼げます。ただし、コツコツと作業を続ける忍耐力と精神力をかなり必要としますが。

  • 職場と家での時間をハッキリさせたい
  • 平日と休日でメリハリをつけたい

そのようなオンオフのある生活を望むのであるならば、どこかの会社で働くことをおすすめします。

自分一人で起業するのはとても大変です。長いものには巻かれた方が断然気持ちは楽になります。

そのことも踏まえて、しっかりと転職を考えて欲しいと思います。

転職のやり方、考え方

求人情報は要注意!

求人情報に載っているのは最高の状態のものが掲載されています。それが一番なのです。

当然ですが、その通りには絶対になりません。

冷静な目で見ることが出来ればそれが当然であることに気がつくのですが、転職に必死になっている時は、なぜかこの視点をなくしてしまうようです。

そして自分にとって都合の良い情報だけを集めてしまいます。

求人情報だけで判断してはいけません。そこには悪いことは一切書かれていないのです。

特に人間関係に関してはたとえ書いてあったとしても、信じない方が無難でしょう。

そのためにも、現場の生の声を知っておくことはとても有用なことだと思います。

どこか問題を抱えている人物はどこの会社にもいます。そんな人に限って会社を辞めることはありません。

おそらくは心のどこかで、今の会社を辞めれば次の場所を見つけて働くことが出来ないことを一番理解しているからでしょう。

優秀な人材ほどもっと自分が輝ける場所を求めて去って行くものです。

自分とは合わない人間は、どこの会社に行っても一定数いることを覚悟しておくことが大事です。良い人ばかりが集まった環境などありえません。

そしてもう一つ。優秀な人ほど見切りをつけて去って行きます。

たとえ今が良い環境だったとしても、それがいつまでも続くとは思わない方がいいでしょう。

それではどうやって生の声を聞けば良いのか。

新卒の時はインターンシップや学校の先輩の話を聞くことが出来ますが、社会に出てからではそれが出来ません。

しかし、それを可能にする転職サービスがあります。

このサービスを利用することで、会社の先輩たちの話を聞くことが出来ます。

無料で登録できますので、ぜひ試してみて下さいね。

このサービスは、転職やキャリア形成のために、興味のある職種や企業、働き方のリアルな情報を、経験者から直接話を聞くことができるという、新しいコンセプトのサービスです。

OB訪問という表現をしていますが、出身大学のつながりは関係ありませんので、どなたでも利用することが可能です。

無料で登録できますので、ぜひ試してみて下さいね。

先輩方の話を聞くことで、転職を希望している会社だけでなく、自分が今働いている会社がどのくらいのものであるかを判断することが出来ます。

ブラックなのか、ホワイトなのか。向こうの会社よりも働きやすいのか。それらを客観的に比較することが出来るようになると思います。

生の話を聞くことで、その会社に対してある程度の覚悟を決めることが出来ます。

良い面だけでなく、悪い面の情報も仕入れることで、入社してからの「こんなはずじゃなかった」を減らすことが出来ます。

もしかすると、それとは逆に覚悟して入ってみたけど、思ったほど酷くはなかったと思えるかも知れません。

そうなれば、長くその会社で働き続けることが出来るはずです。

辞めるべきかを迷ったら、まずは辞める方向で試しに動いてみて下さい。

  • 転職サイトに登録する
  • 求人情報を集めてみる
  • 口コミ情報が無いか検索してみる

実際に動いてデータを集めることで、別の視点から物事を見ることが出来るようになります。

そこで初めて最終的に「どうするか」を判断しても、決して遅くはないと思います。

転職した後に

前の職場の方が良かった

と思っても時は戻せません。しかし、しっかりと情報を集め、見極めた後での転職ならば長く働くことが出来るはずです。

「やめた」というのは罰が当たる行為ではありません。

他人の批判はひとまず置いておいて、自分の人生のために悔いの無い選択をして欲しいと思います。

おわりに

人生は一度きりです。それなのに「仕事は一度しか選べない」などと思ってはいませんか?

自分の人生をより楽しいものにするためにも、自分の未来を輝かせる仕事を見つけるまで、何度もチャレンジしても良いのではないでしょうか。

転職するのであれば、もっと良い所に行って欲しいと思います。

そのためには、転職を決める前に予行練習をしておいて、心の準備をしておくことが大事なのではないでしょうか。

実際に動いてみて、「転職しなくてもいいかな?」と思うようになってもOK。

ますます転職したくなってもOK。

あなたの人生ですので、どうか最善の選択をして欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました