[悩み]プライドが高すぎる人へ。その対処方法について

贈る言葉

プライドが高くなっていませんか?

  • 好きなことをしたいけど、周りの目が気になってできない
  • こんなことをしていたら、自分にとって良くないんじゃないか
  • 今やっている好きなこと、時間を無駄に使っているだけじゃないのか

そう思ってしまって、自分が好きだと思って始めたこと、心地良い気持ちになれると思ってせっかく始めたことをやめてしまう人、やめてしまった人はいませんか?

その原因は、ひょっとしたらあなたのプライドが高すぎるからかも知れませんよ?

こんな人は要注意!

こんにちは。今回は、あなたのプライドが高くなりすぎて、そのせいで好きなことが面白くなくなっていませんか? と言うのがテーマです。

ドキッとした人も、自分はプライドは高くないと思っている人も、ぜひもう一度みなおしてみませんか?

そうすることで、自分の好きなこと、心地良い気持ちになることにより自信を持つことができますし、もっともっと楽しむことができるようになりますよ。

プライドが高い人の特徴
  • 自分が特別な人間だと思っている
  • 自分中心に世界が回っていると考えている
  • 小さいころに周りからチヤホヤされたことがある人
  • 劣等感が強い人
  • 自分が一番だと思っている人
  • 頭が固い人
  • 地位が高い人
  • 他人の意見を受け入れない人

このような人たちはすぐに自分と誰かを比べたがる傾向にあります。
これは要するに、自分に自信のないことの現れだと思います。自分に自信がないので相手と比べたがる。
そして、自分が相手よりも上だと思いたがる。

このような人は自分が相手よりも劣っていると感じる状態を、全力で回避したがる傾向にあります。

自分が思うように物事が進まない、うまくいかない、上手にならない、評価されない、受け入れてもらえない。

そのような状態に自分がいることを受け入れることができません。

このような人はあなたの周りにも非常に多くいると思います。そしてこの感情は、多かれ少なかれ、全員が持っているものではないでしょうか。

それではなぜ、このような感情になってしまうのでしょうか?

それはきっと、あなたがやっていることが自分のためではなく、他の誰かのためにやっているからではないでしょうか。

相手ありきの行動なので、自分以外の誰かから評価をもらわないと気が済まない状態になっているのです。

自分が好きで、心地良い気持ちになりたいからやっていた行動は、実は自分のためではないのかも知れません。

私も昔、絵を描いていたころに同じような状況になりました。

自分の本心から、好きだから描いていると思っていました。でも、いま思い返してみると違ったのです。

私は絵を描いて、誰かにほめられたかった。自分の描いた絵が誰かの絵よりも優れていると思いたかった、言って欲しかった。
そんな気持ちで毎日描いていました。

結局私は、絵を描くことによって心地良い気持ちになることはできませんでした。好きだと思っていたのは幻想だったのです。
そして、長く続けていた絵を描くのをやめました。

そのとき、初めて感じた現象がありました。それが、肩の荷が下りるという現象です。
本当にスッと肩から何かが落ちました。今でもその感触を覚えています。

そして、ああ、やっぱり違ったんだな。自分を長い間苦しめてしまったな、と思いました。

好きだと思って始めた絵描きを、本当に好きになれなかった原因はなんだったのでしょうか?

それは先ほど書いた通り、相手の評価を期待していたからでしょう。
他の誰かから評価を得て、自分はすごいんだと言ってもらいたかった。

誰かと比べてあの人よりも上だと思いたかった。
つまりはプライドが高かったんですよね。絵の実力もないくせに。

これは自分の性格に起因しているのだと思います。誰のせいでもなく、当時の私は無駄にプライドが高かったのです。

笑われるのが嫌だった。怒られるのが嫌だった。良い扱いされないのが嫌だった。自分が認められないのが嫌だった。
そんな事ばかり考えていました。

対処方法

それでは、一体どうしたら高くなりすぎたプライドを低くすることができるのでしょうか?

よく言われているのは、

自分がダメな人間であることを受け入れる

と言うのがありますが、それは難しいでしょう。ダメ人間を受け入れることができないから、プライドだけが異様に高くなっているのです。

そこで私からの提案です。

ダメ人間をわざと演じてみませんか?

おいおい、何言ってんだよコイツ、と思った人もいるかも知れません。
しかしこの方法は、効果的にダメな人間、ダメな自分を受け入れることができます。

まず、わざとそれをやっているので、本人にとってはダメ人間と思われてもダメージはほとんどゼロだと思います。

だって、それ、わざとやっているから。自分の本心でもなく、自分の本気でもないから。

それではダメ人間を演じるとどうなのでしょうか? 他の誰かから見放されるのでしょうか?

おそらくそのようなことは有りません。もちろん、多少は見放す人はいるかも知れません。しかし、そのような人たちは基本的に器量が小さい人ばかりです。

もちろん、仕事でこれをやってはいけませんよ。あくまでもあなたが趣味でやっていること、好きでやっていること、心地良い気持ちになりたくてやっていることに対して、です。

仕事でダメ人間を疲労すると、たとえわざとでも信用を失うので、絶対にやめて下さいね。
どんな仕事でも真剣にやって下さい。その姿勢が評価されてゆくものですから。

ちょっと話からそれてしまいましたが、ダメだったくらいで見放すような人は、近くに居ない方がむしろいいと思います。

あなたを見放す人の中には、あなたに利用価値を感じなくなったことが原因の人もいるでしょう。つまりあなたは、その人にとって都合のいい人間に過ぎなかっただけです。
一方的に利用されていただけです。

そのような人は、自分にとって必要のない人間だと思います。お互いに利益が合ってこそ信頼できる関係だと思います。

ダメ人間を演じると、他にもメリットがあります。それが、

ダメなことが悪いことではないことを体験できる

と言うことです。

ダメ = 悪いこと

ではないのです。それを自らの経験として知ることができます。そして「ダメでも別にいいんだ」と言うことを知ることができます。

恐れていたことは、実は大した問題ではないことを知ることができるのです。
これを知ることによって、あなたができることの幅が一気に広がることでしょう。

あれをやっても大丈夫、これをやっても大丈夫。ダメだと思っていたあらゆる選択肢が復活するのです。

きっとあなたは、ますますそのことが好きになるはずです。

ダメでも良いことを知るために、わざとバカなことをやってみる。わざと笑われるようなことをやってみる。

そうすることで、あなたの目の前にあった曇りは晴れてゆくことでしょう。

おわりに

真面目な人間はプライドが高くなる傾向にあると思います。私がそうでしたから。

でも、私は真面目人間をやめました。
もちろん、根の部分はそうそう変わらないでしょう。ですが、真面目でない人間、誰かに笑われるような人間を演じることで、私のプライドは大分低くなりました。

そして、プライドと言う壁が低くなったことで、一気に目の前が開けました。

何でもやってみて、試してみてもいいよね

それが今の自分の思いです。

自分を笑われる場所にわざと置くことで、その空気に慣れることができます。

その空気を感じたことがないから、一度も体験したことがないから、それを必要以上に恐れているのでしょう。

ですが、一度経験してみて下さい。

一度経験すれば、何ということもないことに気がつくでしょう。
それにそのダメな振りは、あなたがわざとやっているのですから。まだまだ本気を出せます。

プライドが高いな、何だか息苦しいな、と思っている方はわざと失敗してみて下さい。

自分が完璧な人物であるという姿や思いを一度、壊してみて下さい。

きっと、今よりももっと生きやすくなるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました