初心者向け!簡単スクリーンショット保存・加工ソフト紹介

pc 初心者向け

ScreenPressoの紹介

pc

こんにちわ。
今回はブログ初心者向けに、スクリーンショットが簡単に保存・加工ができるソフトScreenPressoを紹介したいと思います。

もちろん無料です!
有料版もありますが、私は無料版でも十分過ぎるほど使えるソフトだと思っています。

気になった方はぜひ試してみて下さいね。
下にリンクがあります。

ダウンロードサイトでも動画で詳しく解説してありますが、英語だったりするので、私の方でザックリと機能の紹介をしたいと思います。

よかったら、最後までどうぞお付き合い下さい。

本当はスクリーンショットを撮るシーンから説明したかったんだけど、ソフトの都合上、どうしてもそのシーンを撮れませんでした。

ですので、スクリーンショットの撮り方は、説明動画をご覧下さい。英語ですが、雰囲気で分かるはず!

↑↓→←キーを使うことで、ドット単位で撮る位置を調整できるのはすごい!

基本操作

ここでは、どの機能を使っても共通で使用する操作を説明します。これさえ覚えておけば、取りあえずはOKです。

緑の丸の中心付近にある黒い四角をクリック、もしくはドラッグすることで調節できます。
ただ、図形を移動させたいときは、特に摘まむ場所が用意されていないので、少し手こずるかも知れません。

何もない空間を思い切って摘まんでね!

機能紹介

まずはScreenPressoをクリックします。

画面下のタスクバーから、①をクリック。次に②をクリックします。
この②がScreenPressoになります。

出てきた画面内で加工したい画像を選択し、下にある編集をクリックします。

開いた画面内で、選択した画像に編集を加えることができます。

画面上部に下のようなアイコンが表示されます。

左から

  • 矢印を描く
  • 四角を描く
  • テキストを追加
  • 吹き出しを追加
  • 番号付けを追加
  • 強調
  • 楕円を描く
  • ポリゴン描画
  • フリーハンド
  • 指定の領域をぼかす
  • 画像を追加
  • ルーペを使う
  • 波括弧を描く

となっております。
これだけの機能を使えるのはすごいですね!

矢印を描く

使いたい矢印を選び、ドラッグすることで図の赤い矢印のように引くことができます。

最初にクリックした点が矢印の根元(画面では細くなっている所)になり、ドラッグした後に指をはなした所が先端になります。

ドラッグした方向に矢印が伸びるよ!

四角を描く

ドラッグで囲んだ範囲に四角い枠のオブジェクトを追加できます。
オプションで色や角の丸みなども調節することができます。また、Shiftキーを押しながらドラッグすることで正方形を描くことができます。

テキストを追加

こんにちわと表示されているのが追加したテキストになります。
文字を入力後、枠外をクリックすることで確定させます。また、文字を確定後でも、文字の部分をダブルクリックすると、文字の編集を行うことができます。

吹き出しを追加

吹き出しのバルーンを追加することができます。
テキストの時と同様に、枠外をクリックで確定させます。
吹き出しの位置は、黄色の四角をドラッグすることで変更することができます。

結構自由度が高いよ!

番号付けを追加

番号だけでなく、画像のようにピンも付けることができます。
オプションを使えばサイズ変更も可能です。
番号の他にも、画像のようにアルファベットも使えます。

強調

画像の赤い半透明の部分が強調になります。
オプションで色や透過率を変更することができます。

マーカーとして使うのが一般的なのかな?

楕円を描く

ドラッグで囲んだ範囲に楕円のオブジェクトを追加できます。
Shiftキーを押しながらドラッグすることできれいな丸を描くことができます。

ポリゴン描画

画像のようなカクカクした直線を描くことができます。
この操作はすべてクリックで行います。角度を付けたいところでクリック、角度を付けたいところでクリックを繰り返します。
最後の終点だけは右クリックで行います。右クリックを行った場所に、矢印の先端が表示されます。

初めて使うと戸惑うかも。でもすぐに慣れるよ!

フリーハンド

ドラッグした箇所に自由に線を引くことができます。

マウスで描くと、ぐにゃぐにゃになるやつ!

指定の領域をぼかす

画像のように指定した領域にぼかしを入れることができます。

編集で追加したオブジェクトにも適用されるので、最初に使うのをおすすめします

画像を追加

画像のように、あらかじめ用意されている画像を追加することができます。
もちろんサイズ変更も可能です。

うまく利用して、画面を華やかにしよう!

ルーペを使う

画像の一部を拡大することができるルーペを追加することができます。
最初の倍率は1倍なのですが、オプションで倍率を変更することができます。

波括弧を描く

鳥の頭に付いているのが波括弧になります。
使いどころは……ちょっと難しいような印象を受けました。

画像処理方法

タブの画像を選択することで、画像処理も行えます。

  • 左から
  • 切り取り
  • 縮小
  • サイズ変更
  • キャンバスサイズ
  • 枠線

となっており、最後の枠線だけは有料版でのみ使用可能となっています。
見た感じ、面白い機能だとは思いますが、お金を払ってまではちょっと……という印象を受けました。
あくまでも、私の印象です。

ちなみに下画像は、縮小の中の波線で一部を縮めてみたものになります。要らない部分を切り取って縮めたいときに便利そうですね。

切り取り(トリミング)やサイズ変更は別のやり方をこちらで紹介しています。合わせてどうぞ。

終わりに

ここまで見ていただき、ありがとうございます。

実際に使ってみて、とても便利な機能が満載でした。

もちろん、お金を払えばもっと使いやすいソフトもあるのかも知れませんが、今のところはこのソフトで十分かな、と思っています。

私のブログ作りがパワーアップして、ブログ初心者から、中級者ぐらいになったときには改めて使いやすいソフトを探すかも知れません。

そのときはまた、紹介できたらいいな、と思っています。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました