【動画】ゆっくり実況動画の沼【編集】

ゲーム

ゲーミングパソコンを買ったので、念願の「ゆっくり実況動画」をせっせと作ってみました。

動画作るのは面白い!

それが、今の自分の素直な感想です。マジで楽しい。

『ゆっくりムービーメーカー4』の導入から、無料の動画編集ソフト『AviUtl』を使えるようにするまで、ほんとYouTubeにはお世話になりました。

物書きの私が言うのも何ですが、静止画よりも動画の方が動きが分かりやすいですね。

それでも一時停止をしながら見ることにはなりますが。

文字の利点は

欲しい情報があるところまですぐに移動することができること

動画の利点は

流れをスムーズに理解することができること

でしょうか。どちらも理解を深めるためには必要な不可欠の要素だと思います。

どっちがいいとかはないのです。

実際に動画を作ってみた

物は試しとばかりに、7分ほどの動画を作ってみました。

主にキャラクターのセリフだけを追加しただけなのですが、たったそれだけでも6時間ほどかかりました。

「動画1分作るのに1時間かかる」という話を聞いていたのですが、「確かにそうだ」と身をもって納得しました。

ただの会話だけで1時間。

慣れていないとはいえ、さすがにスピードアップしなければならないと痛感しました。

喋らせるだけの動画で1時間……本気で編集を加えると、一体どのくらいの時間がかかることやら

どんな動画にするかにもよるけどね……

自分の声で話し続ける動画なら、カット編集だけでもそれなりの形になると思うのですが、ゲーム実況となるとそうは行きません。

何の動画を作るかで、作業時間は大きく変わると思います。私もゲームの実況を自分の声ですればいいのですが、

  • 近所迷惑になりそう
  • 自分の声でしゃべるのが恥ずかしい
  • そもそもゲーム中に気の利いた発言はできない

などの理由で今のところ断念しています。一度くらい試しにやってみたいなーとは思うのですが……今はまだ、ちょっと勇気がないです。

Vtuberとか面白そう。でもメッチャお金かかりそう!

スピードアップできること

自分はどこに時間がかかっているのかを見返してみたところ、どうやら何度も何度も確認することに時間をとられているようでした。

それじゃ、確認作業をする回数を減らせば時間の短縮になるのではないか

そのためには、

いきなり満点を目指すのではなく、とりあえず最後まで完成させた方が良いのではないか

という考えにたどり着きました。

細部にあまりこだわらず、全体を俯瞰して見てから、足りなかった細部を詰めようという考え方です。

この考えは小説でも使えるんじゃないかな? と密かに思っています。
私は基本的に小説を書き溜めしてから投稿するタイプなので、この方法は使えると思います。うん、さっそくやってみよう。

某有名格闘ゲームプレイヤーの方も「大局を見ろ」って言ってた

沼にはまる

動画作成は、やればやるほど次々にやりたいこと、試してみたいことが見つかる、まさに沼。

私もその沼にはまりつつあるようで、次はあれを試してみよう、これを試してみようとついつい考えてしまいます。

その中で気になるのは、

どうやったら効率よく作業できるか

ということ。これはYouTubeや動画作成ブログなどを見て勉強していけば、身につくと思っています。

あとはやはり、実践することに限ると思います。

そうやって身につけた技術は、税金もとられないし、誰かに盗まれることもありません。まさに金銀財宝そのものだと思います。

新しいことに挑戦することは決して無駄にはならない、と私は思っています。

おわりに

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

新しいことを始めるのは素晴らしい

と言うのが私の感想です。何事もやってみなければ分かりません。

やって初めて、できるのか、できないのかがハッキリすると思います。

いつまでも悶々と悩むよりかは、とりあえずやってみる。それが人生を前に突き動かす原動力になるのではないでしょうか?

それなりに性能の高いPCを持っていれば無料で実行できますので、興味がある方は試しにやってみてはどうでしょうか?

きっと、目の前に新しい世界が広がりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました