【悩み】親に認められないと思い悩んでいるあなたへ

贈る言葉

誰もが親に認められたいと思っている

親が自分のやることを認めてくれない、理解してくれないと多くの人が感じているのではないでしょうか。

友人から相談を受けても、親が理解してくれない、と言う人が多いです。

そんな人に、私はまず、

親の立場を理解することから始めましょう

と提案しています。親からの要求が理不尽に感じる人も多いでしょう。そこで、まずはなぜそのようなことを言うのかを理解しようというわけです。

同じような親から認められないと思っている方も、両親がなぜそのようなことを言っているのかを理解すれば、打開策が見つかるかも知れません。

きっとそれを解決する方法が見つかることでしょう。

なぜ親はそんなことを言うのか

両親はなぜそのようなことを言うのでしょうか? あなたに対する嫌がらせでしょうか? もちろん、そんな親もいることでしょう。そんな親からはできる限り速やかに逃げ出すしかありません。

ですが、ほとんどの親はそんな気持ちはないと思います。

あなたの親はきっとこのように思っているはずです。

  • あなたを人から嫌われないようにしたい
  • 最低限のマナーを身につけさせたい
  • 生きるための力を持ってもらいたい
  • 一人で何でもできるようになって欲しい

つまりはあなたに普通の人になってもらいたいということですね。

しかし、これらの親があなたにして欲しいと思っていることには、一つだけ、欠陥があります。

それが価値観の違いです。

具体的に言えば、親がそうなって欲しいと思っている普通の人の人物像が、古いのです。

親の持っている普通の人の基準はほとんどが自分の中にあるものでしょう。つまり、親が成長してきたときに身につけた価値観によるものです。

しかし、今の時代は親の時代とはまったく違います。文明の進みが今ほど早くなかった時代はそれでも何とかなったのかも知れません。

ですが、今は違います。たった一年でも大きく価値観が変わる時代なのです。親の持つ古い常識が通用しないもの、時代後れになっているものがあるのです。

親は万能ではない。全知全能ではない

これをしっかりと覚えておいて下さい。親は不死身ではありません。知っていることにも、自分を変えることにも限界があります。

私たちはどうしても親が不死身の、無敵の存在に思ってしまいがちです。ですが違います。

親も私たちと同じであることを忘れてはいけません。

あなたは何も悪くない

親があなたを認めてくれないのは、あなたのせいではありません。どちらかと言えば、時代の流れに合わせて、自分の常識を最新の内容に変更することができなかった親に問題があります。

今では通用しない古い価値観を持っている親に問題があるのです。

ですが、ここで親を恨んでも仕方がありません。なぜなら、自分を変える、自分の価値観を変えるということは非常に困難だからです。それどころか、変えられなくて当然なのです。

今の時代を生きるあなたは最新の価値観を持っています。あなたの考えと親の考えがすれ違うのは当然です。

そして、あなたとあなたの子供の考えがすれ違うのも当然なのです。こればかりはもう、そう言うものなんだ、と心の中に飲み込んであげるしかないと思います。

子供は学校で、その世代での価値観をどんどん吸収していきます。その過程で親との価値観の違いを知ることになります。

その結果、親が押しつけてくる価値観を自分の価値観で押し返すことになります。その結果、親に反発することになるのです。

ですが、親の方が強い力を持っているので、どうしても負けることになります。

本来ならば、子供が自分の代理人ではなく、一人の人格を持った人間であると認識して、親の価値観を押しつけることをやめるのが正しいと思います。

親もあなたと同じ人間です

子供との価値観の違いに気がつく親もいますが、気がつかない頑固な親もたくさんいます。そんなときはどうすればいいのでしょうか?

まずは自衛です。親からの言葉によって、それ以上自分に負のエネルギー、すなわち嫌な気持ち、ムカムカする気持ちが溜まらないようにすることが大事です。

これは親に頼るわけにはいきません。苦しいかも知れませんが、自分の身は自分で守るしかないのです。

次にやるべきことは、なるべく早く自立することだと思います。親に頼らなくてすむようになれば、親から離れるという選択肢を考えることができるようになります。

ですが、それまでの間はどうしても我慢しなければならないでしょう。

家に留まっている時間は数年。その間だけでも、自分に負のエネルギーが溜まらないように「ハイハイ」と言うことを聞いて、良い子のフリをする。演技をするしかなさそうです。

親を安心させておくのが無難でしょう。

真面目なあなたは親をだますのは悪いと思うかも知れません。しかし、遠慮することはありません。

本来ならば、自分の価値観を押しつけてくる親の方が悪いのです。

本当に子供の気持ちを分かろうとしない、向き合おうとしていない親が悪いのです。何も遠慮する必要はありません。

あなたは悪くありません。だからあなたがこれ以上傷つかないように、傷が深くならないようにすることだけを考えて欲しい。

あなたができることは?

あなたができることは、自分をこれ以上苦しめないこと。

そのためには、自分にとって心地良い気持ちになれることを、日常の中に取り入れて欲しいと思います。

  • 動画を見る
  • 音楽を聴く
  • 本を読む

本当にちょっとしたことで構いません。自分の気持ちが上を向くようなことをぜひやってみませんか?

そしてそれをやっているときは、心の底から楽しんで下さい。
人間はすぐに慣れてしまう生き物です。せっかく始めた楽しいことも、半年もすれば新鮮味がなくなってしまうかも知れません。

そんなときにこそ、あえて「自分はこれを好きでやっているんだ。それができて最高!」と思うようにして下さい。

そうすれば、また新鮮な気持ちで好きなことを楽しむことができるはずです。

毎日、自分が好きなことをすれば、あなたの中の良いエネルギーが溜まり、モヤモヤ、ムカムカしていた心がなくなってくることでしょう。

そうなれば、親と衝突することも少なくなると思います。

おわりに

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

親を頼らなくてはいけない年齢、学生時代は特に親と折り合いがつかないことが増えてくると思います。

心地良い気持ちになることをすることさえ、難しいこともあるでしょう。

ですが、それでも少しでも自分の気分が上向きになることを探して欲しいと思います。

厳しいかも知れませんが、今のあなたを救うことができるのはあなたしかいないのです。

あなたの心地良いという気持ちがあなたを救うのです。どうかあきらめずに、自分の好きなこと、心が安らぐこと、ワクワクすることを探して欲しいと思います。

あなたの中に良いエネルギーが充満すれば、きっと幸せな毎日が訪れるはずですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました